メイン画像
HOME > 多機能型就労支援の説明

多機能型就労支援として

平成24年に「障害者就労継続支援A型事業所」として出発したネクストでしたが、特性や状況、またはお悩みなど、さまざまなケースに対応し、よりご利用いただきやすいよう、A型事業所、B型事業所、就労移行支援事業所を連携させた
「多機能型就労支援事業所」として生まれ変わり、活動しています。


A型事業所とは… 通常の事業所に雇用されることが困難。雇用契約に基づく就労が可能。 この場合に対して雇用契約を結び、原則として最低賃金を保障し、就労の機会を提供すると共に、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障害福祉サービスを供与することを目的としています。

B型事業所とは… 通常の事業所に雇用されることが困難。雇用契約に基づく就労が困難。 この場合に対して雇用契約を結ばず、就労の機会を提供すると共に、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障害福祉サービスを供与することを目的としています。

就労移行支援事業所とは… 障害を持ち、就労を希望している方に対して、働くために必要な知識・能力を身につける訓練や実習、その人に合った職場探しのサポート、就労後の職場定着までのアフターケアを行います。